サッカー馬鹿の人生逆転劇

サッカーしかしてこなかった自分が自分と向き合い生き方を探すブログ

入社1ヶ月でニートになりました。働くってたいへん

f:id:s13t076k:20170923075126p:plain

 

こんにちは、やっしーです!!

 

東京で消耗しているこの僕ですが、

じつはすでに退職経験あるんですよね。笑

 

4月3日→入社

5月15日→退職

7月3日→転職

といった流れです。

 

ちなみに今までで一番はやい退職と会社に言われました。

僕もまさか入社して1ヶ月ちょっとで退職するとは思わなかったです。

小さいころから大人になったらサッカー選手か普通のサラリーマンになって

働くんだろうなーと漠然と考えていました!

 

「働く」ということに対して真剣に向き合って考えたのは実際に

働いてからでした。

働いて時間にしばられて初めて時間の使い方、ありがたみに気付いた気がします。

現在は転職して働いていますが、前回やめた時のことなどについて

記録として残しておきたいと思います。

また、辞めることや働くことに悩んでる人は多いと思います。

そういった方たちの役に少しでも立てればなと思って伝えたいと思います。

  

 

想像していた社会人像

社会に出て働くってことがどういうことかあんまり理解していなかったし

真剣に考えていませんでした。

僕は幼いころからプロサッカー選手を目指してひたすらサッカーをしてきました。

人生においての1番の優先順位はサッカーでした。

やっぱり好きなことだと夢中になれるし継続してやれますよね。

大学4年の夏頃にJリーグのチームの練習参加に行ったが、結果はだめでした。

そこからようやく就職活動を始めました。

 

 

僕が想像する社会人はスーツを着る、デスクワーク、満員電車に乗る、飲み会などその程度のことしかなかったです。笑

働くことを甘くみていました。

 

入社した経緯

サッカーで食ってくことを諦めてから就職活動を始めたとはいえ、自発的に行動することはありませんでした。知り合いに紹介してもらった人材紹介会社にお世話になりなんとなーく就職活動を進めていました。

働く希望条件を聞かれてそれにあった企業を受けていく形です。

ちなみに僕は土日休みで、残業少なめで安定した会社なら良いって感じでした。

そして創業80年ぐらいの印刷会社に受かりなんとなーく家から近いし、そこに決めました。

 

なんでもっと真剣に自分と向き合わなかったんだろう。。。

 

 入社してから辞めるまで

 

入社してからは会社ってこんな感じなんだーと新鮮なことばかりでしたね。

会社見学をしたり、ビジネスマナーなどを学ぶ毎日でした。

同期は早く知識をつけて会社に貢献したい!と言ってましたが、僕は全然そんなこと思えなかったです。

 

辞めようと決心してからすぐに部長に話しました。

部長はまったく止めたりはしませんでしたが、僕の今後について心配してくれました。

そして翌日には印鑑などを押して書類関係を済ませ退職しました。

僕が思ったことは退職関係の手続きの進め方相当慣れていますね。笑

話してから次の日に辞めれるとは思わなかったし、こんなあっさりなんだーって笑

まあまだ仕事も一人でしていないため引き継ぎなどもなかったからすぐに辞めれたのはありますね。

 

 辞めた理由

 

なんで辞めたの?ってよく聞かれます。

なんでだろ?って今でも自分でよく考えることがあります。

好きじゃないこと、楽しくないことを続ける難しさを感じました。

 

ひたすら好きなサッカーをやる日々はもう終わった。

そんな変化に耐えられなかったです。

でも続けてこそ気付ける楽しさややりがいもあったのかなとか色々考えますね。

 

よく3年間は続けてみろとか言われましたが、3年って僕からしたらものすご〜く長いです。

3年もつまらないこと続けれる人すごいって思います。

 

体育会系は忍耐力があるとか理不尽なことに慣れてるとか

そういう風に思われがちですよね。

でも結局好きだからこそ嫌なことあっても耐えれるわけで、体育会系だから忍耐力あるとか考えるのは違うなーと。

時間に縛られず自由に働きたい。

好きなこと、楽しいことをやりたい。

 

一番の理由はここかなー。

まだ僕の中でもはっきりとした答えは正直ないです。

 

最後に

今回このブログを書いてみて、改めて働くって難しいなと思いました。

だからこそ立ち止まってはいけないと考えています。

1日1ミリで良いから成長して前に進んでいきたい。

そのためにブログを通してこれからも発信しようと思います。

 

以上